記事一覧

日焼け止めの知識②

③SPFとPA
市販の日焼け止めのほとんどには、この両方の値が表示されています。何となくわかっているようでも、きちんと理解している人は少ないもの。これらの数値の意味を、今一度おさらいしましょう。

・SPF
地上に届く紫外線のうちでも波長の短いB波(UVB)はエネルギーが強く、海辺などでの真っ赤になるような日焼けや、皮膚がんの原因になります。そのUVBを防ぐ効果を示す値がSPF。SPF2の日焼け止めを塗ると(皮膚1平方センチメートルに対して2mgの割で塗ると)、日焼けするまでの時間を2倍に延ばすことができます。SPF値は2~50までの数値で表され、50以上のものは50+と表記されます。日常使いにはSPF20~30程度のものが推奨されています。ただしここでいう「日焼け」とはサンバーンのこと。つまり、赤くなってヒリヒリし始めるまでの時間を2倍に延ばすという意味であって、シミができるまでの時間を2倍に延ばすという意味ではありません。どのくらいの紫外線を浴びるとシミができるかは個人差も大きく測定が不可能なので、例えばSPF30の日焼け止めが実際どの程度シミを防ぐ効果があるのかということまでは、わかりません。そういう意味でも「日焼け止めさえ塗っていれば安心」とはいえないのです。

・PA
PAはA波(UVA)を防ぐ効果を示す値。+~++++までの四段階で表されます。日常使いには++、レジャーには+++以上のものが推奨されています。UVAは雲やガラスにさえぎられにくく、皮膚の奥にまで浸透して老化を引き起こします。サンバーンなどのすぐに目で見てわかる変化は起こさないので、浴びている実感がないままに日焼けしてしまう、怖い紫外線です。

④ウォータープルーフ(耐水性)
米国FDAでは、日焼け止めのウォータープルーフという表記は好ましくないとしています。どんな日焼け止めでも、水にさらすと効果は激減するからです。ウォータープルーフの日焼け止めにはほとんどシリコンオイルが入っています。これが皮膜を作って水をはじきますが、そのすきまをぬって日焼け止め成分は溶けて流れてしまうのです。日焼け止めの成分が水に弱いものである以上、そこに何かを混ぜて完全な耐水性にするということは困難です。例えばここにポリエステルとシルクの混合の衣類があるとします。ポリエステルは水洗いに強いですがシルクは弱いものです。そういう場合は、水洗いするとシルクの部分はいたみます。一部だけ水に強い素材が入っていても、それで全体が水に強くなるというものではありません。日焼け止めも同様。プールで泳いでも皮膜を保ち続ける日焼け止めなどないので、水に入るたびにつけ直す必要があります。