記事一覧

日焼け止めの知識①

日焼け止めは、前述したようにマイナスな部分も多いので、私自身は近年、日常でもレジャーのときでもまったく使っていません。パウダーファンデーションと衣類だけでUV対策を行います。海に行くときは長袖のラッシュガード(水泳用のUVカット衣類)を着ています。このほうがきっちり日焼け止めを塗るよりも時間がかからず、肌に負担もありません。でもやはり日焼け止めもある程度使いたいという人が多いでしょうから、そういうときのために最低限、日焼け止めについて知っておくべき事柄を挙げます。

①紫外線吸収剤と散乱剤
吸収剤は文字通り、紫外線を吸収する性質を持ちます。桂皮酸、パルソールAなどが代表的なもの。化学物質なので、体質に合わないとかぶれなどのトラブルを起こすこともあります。吸収剤の多くは、紫外線を吸収していくにつれ効果が下がる、つまり時間とともに効果が下がります。散乱剤は、肌の上に皮膜を作って紫外線を跳ね返すもの。酸化チタンなど金属の粉や、タルク(陶土)などがこの類です。吸収剤に比べるとかぶれが少ないため、赤ちゃん用や敏感肌用の日焼け止めには散乱剤だけで作られたノンケミカルのものが多いようです。ただし、粉を含むため白くなりやすい、使用感が悪い(厚ぼったく感じる)、粉が肌の水分や皮脂を吸うため乾燥させやすいなどのデメリットがあります。つまり吸収剤も散乱剤も、どちらも一長一短といえます。結局のところ、毎日使っても肌に負担がなく、べたつかず使用感がよく見た目にも自然で、朝つけたら一日中紫外線から肌を守ってくれる日焼け止めなどというものは、存在しないと考えましょう。吸収剤・散乱剤のどちらを使う場合にも、メリットデメリットをよく考えて使用することが必要です。また塗った部分に赤みやかゆみが現れた場合は、すぐに使用を中止しましょう。

②クリーム、ジェル、ローションなど剤形による違い
日焼け止めにもいろいろな形があります。最近ではさらっとした使用感が好まれるため、ジェルやスプレー式などのものもよく売られています。それらのどのタイプがよいとか悪いとかいうことはありませんが、それぞれに特徴があり、一長一短があります。油分が多いものから順に、みていきましょう。

クリームタイプ
乾燥肌や敏感肌用の日焼け止めはこのタイプが多い。ただし、油分が多いものだと毛穴がつまってニキビの原因になることがある。

乳液(ミルク)タイプ UVカットの化粧下地はこのタイプがほとんど。「ミルク」という言葉そのものにやさしい響きがあるが、ミルクタイプだから肌にやさしいとは限らない。特にさらっとしたものは水分が多く、それを安定させるための界面活性剤も多く含むので要注意。

ジェル、ローション 最もべたつかないタイプで、色もつかないため男性用のものなどに多い。紫外線散乱剤はこのタイプに配合することが難しいので、このタイプの日焼け止めの多くは吸収剤が主成分となり、それらが肌に負担をかけることもある。また、さらっとしているため薄づきになってしまい、高いUVカット効果を得ることが難しい。総合的にいうと油分が多いこってり系のものは、そうでないものよりもかぶれなどを起こしにくいがテカリやニキビの原因になりやすく、使用感も悪くなります。油分が少ないさっぱり系のものは使用感がよいが、界面活性剤や紫外線吸収剤が肌荒れの原因になることがあるのと、薄づきになりやすいため効果が下がる可能性があります。

どれを選ぶかは肌質にもよりますし、使う人が何を優先したいかにもよります。まず敏感肌の人はやはり、油分多めのクリームタイプが無難です。反対にニキビができやすい人やテカリが気になる人はクリームタイプは避けるべきです。また、UVカット効果を重視したいならこってり系のもの、使用感を重視したいならさっぱり系のものとなります(ただしさっぱり系を選ぶ場合は、効果は万全でないことを心得ましょう)。塗ってみてこキビができたり肌が赤くなってかぶれたりしたら、もちろんすぐに使用を中止します。合う日焼け止めが見つからない場合や塗り直しがまめにできない場合は、塗るのをやめて、かわりにパウダーファンデーションやUVジャケットを使うなどして対策をしたほうがよいでしょう。