記事一覧

UV対策の実際

紫外線を防ぐために活用したいのが、パウダーファンデーション。パウダーファンデーションの粉は紫外線を反射する効果を持つため、きちんと塗っていれば日常の紫外線なら十分カットしてくれます。頬骨のあたりは日焼けしやすいので、そこに少し厚めに塗るとよいでしょう。朝、パウダーファンデーションを塗り、日中は浮いた皮脂を脂とり紙でおさえ、その上からルースパウダーをはたきます。こうすれば、ファンデーションがくずれて日焼けしてしまうということもありませんし、一日中きれいな状態を保てます。リキッドファンデーションでもよいかという質問がよくありますが、リキッドファンデーションだと顔料(中に含まれる粉体)の密度が低いため、パウダーファンデーションよりもUVカット効果は下がります。

どうしてもリキッドを使いたい人は、リキッドを薄く塗った上からパウダーファンデーションを重ねるとよいでしょう。レジャーのときも、パウダーファンデーションを厚く塗っておけば大丈夫。スポーツで汗をかいてくずれそうなときや海に入るときは、ウォータープルーフのスポーツ用ファンデーションなどを使いましょう。ボディの日焼けは極力、衣類で防ぎます。UVジャケット、UV手袋、ストールなどを利用するとよいでしょう。朝出かける前に、デコルテや腕に日焼け止めをパパッと塗るという人もいますが、それだけではシミは防げません。

体は顔より皮膚が厚いため、ボディのシミは顔よりもできるタイミングは遅いことが多いのですが、一度できてしまうとなかなかとれません。美白化粧品などを塗っても、皮膚が厚いボディにはなかなか効きません。レーザー治療もありますが、顔に比べてボディのシミは治療が難しいのです(皮膚が厚く回復も遅いためです)。よって、ボディのシミはとにかく予防が大切。ボディのこととなると顔よりも油断している人が多いですが、実際シミができてしまうと案外気になるものです。しっかり衣類でガードして、自肌を守りましょう。女たるもの、暑いなどと言って根をあげていてはいけません。