記事一覧

運動と肌代謝

女性にとって重要な肌。その肌も、運動と無関係ではありません。
以下に運動と肌の関係を挙げてみます。

①成長ホルモン
成長ホルモンは体内の代謝を高め、若さを保つ重要なホルモン。運動すると成長ホルモンの分泌が高まり、肌の代謝もアップします。最近肌がくすんで元気がないみたい、という人は運動不足を疑ってみましょう。表皮の代謝(ターンオーバー)は約4週間かけて行われていますが、年齢とともに代謝速度は遅くなり、40代に入ると6週間かかるといわれます。この結果、肌はくすみ、ニキビや虫刺されなどの出来物が治りにくくなったり痕が残ったりということにもつながります。ターンオーバーを高めるために定期的な運動を心がけましょう。成長ホルモンを効果的に分泌させるには15分程度の強めの運動を行い、その後休息をとるとよいといわれます。

②血行促進
運動は血行を促進するので、さらに肌への効果が期待できます。血液の流れは年齢とともにとどこおりがち。肌代謝が下がってしまうのです。最近ニキビなどのできものができると治らない、シミになって残る、肌がくすむ、化粧のりが悪く肌がさえない、などという人は肌の代謝が下がっているのかもしれません。体を動かせば、肌のすみずみまで酸素がいきわたり、肌の代謝もアップします。