記事一覧

運動不足の影響

運動不足の女性が目立ちます。真剣に減量している人以外は、運動の必要性を感じない人が多いようです。オフィスではずっとパソコンに向かい、歩くのは通勤だけという生活がずっと続いているようでは、深刻な運動不足といえます。運動の効能はやせるだけではありません。美容のため健康のために、太っていなくても運動は必要です。運動不足の影響を、以下に挙げてみます。太りやすくなる(カロリー消費だけでなく、運動不足で筋肉が衰え、基礎代謝が下がるため)。冷え性になる(運動不足だと血行不良になる)。むくみやすくなる(同じくリンパの流れが悪くなるため)。疲れやすくなる(基礎代謝と血行が低下するため)。

骨粗しょう症になる(運動しないと、摂ったカルシウムが骨につかない)便秘になる(運動しないと腸の動きがにぶるのと、腹筋が衰えて内臓下垂になるため)。病気になりやすくなる(運動不足だと免疫が低下する)。イライラ、不眠、落ち込み(運動には精神を安定させ気持ちを前向きにする作用がある)。肌の代謝が下がってくすみやクマが現れる。肌老化が進む(運動不足だと成長ホルモンの分泌が低下する)。

運動不足によってもたらされる不調は、運動することによってしか解消されません。当たり前のことですが、サプリメントやマッサージや入浴など、別の方法で運動を代償することはできません。食べて、寝て、動く。これが動物としての人間が生きるために、必要な三つの柱です。それをないがしろにして美しさと健康を保つことは困難です。わかっていても実行できない人のために、運動についてもう少し詳しく、科学的に考えてみましょう。