記事一覧

日焼けしたあとのケアは、どうしたらよいか

「あとの祭り」という言葉がありますが、まさに日焼け後のケアはあとの祭り。焼いた肌を元に戻す手段はありません。よく「アフターサンケア」などとうたうジェルやクリームなどがありますが、米国ではその言葉自体があまり適切でないという意見もあります。アフターサンケアという言葉は、焼いた後でも肌を元に戻せるかのような誤解を与えるからというのがその理由です。紫外線で変化した肌を元に戻すというのは、天日干しにした干物を生の魚に戻すのと同じくらい無理な相談です。焼いたあとにビタミンCを飲んだり美白化粧水をつけたりしても、肌の中にできた「シミのもと」をなくすことはできません。

肌は焼かないのが原則です。では、焼かないつもりでいたのにうっかり日焼けしてしまった場合は、どうしたらよいでしょう。ひりひり感がなければ、肌のお手入れは通常どおりで大丈夫です。洗顔して化粧水、美容液など普段と同じに使います。日焼け後は若干乾燥しやすくなることがあるので、保湿美容液を多めに使うとよいでしょう。ひりひりするほどの日焼けであれば、まず冷やします。またお手入れをシンプルにすることが大事。敏感肌用の保湿クリームなどを塗って、おさまるまではあたりさわりのないケアをします。落ち着いてきたら少しずつ普段のケアに戻していきます。

ただしここに挙げたのは、日焼けした肌の乾燥やひりつきを防ぐためのケアであって、シミを防ぐものではありません。前述したように、シミができるかどうかは日焼けした時点ですでに決まっており、過度の日焼けをしてしまえばシミはどうしても残ります。「来週沖縄に行くので、『どうしても』焼けてしまうと思うんですね。焼けてしまったときって、どうしたらよいですか?」という質問がよくありますが、焼いたあとでどうするかという神だのみ的な発想をする前に「どうしても」焼けてしまうという前提をまず見直すべきです。「どうしても」焼けてしまうということはありません。焼けたと感じるほど焼けることはないはずです。

それほどの完全防備はできないという人は、ある程度の日焼けは避けられないので、お肌の時計が進んでしまってもそれはバカンスの代償として受け入れることになります。よく、焼けてしまってから慌てて皮膚科に飛び込んできて、「シミを作りたくないから薬がほしい」という人がいますが、医療は万能ではありません。乙女の願いをすべてかなえられるわけではないのです。美肌カクテルなどと称してビタミン剤の点滴をする病院もありますが、点滴で入れたビタミンの大半は数時間で排泄されてしまうので、気休めのようなものです。輝く太陽は美しく、明るい日差しは人の心をうきうきさせますが、見えないところで肌をむしばむという残酷な一面も持ち合わせているのです。