記事一覧

過剰ケアの実際と、正しいケア方法

女性たちによくみられる「やりすぎケア」をあげてみます。

①クレンジング
毛穴の奥から汚れをとるためといって、時間をかけてクレンジング料などでマッサージする人がいますが、これは間違い。クレンジングはスキンケアの中で最も肌に負担をかけるプロセスなので、やさしく手早く行いましょう。すすぎまでの時間は40秒以内が目標です。

②洗顔
洗顔は石鹸が基本。泡をもこもこに立てる必要はありません。泡立てに時間を費やす人がいますが、顔が濡れた状態のまま時間をかけてしまうと、その間に水分が蒸発して乾燥の原因になります。また、泡を顔にのせてからいつまでもなでているのも、もちろんNG。クレンジングも洗顔料も、「洗うもの」はすべて長時間肌にふれると肌のうるおいを溶かしだしてしまいます。洗顔は手早く。Tゾーンから洗い始めて、顔全体を包むように泡を広げたら、ぬるま湯に顔をつけるようにしてすすぎます。これも40秒以内で十分です。

③化粧水
コットンでパッティングすると、3分くらいはかかります。手でつけたほうが早くて、肌に負担をかけない上、化粧水も無駄になりません。化粧水を手のひらに広げたら、ほほを包むように押さえ、目元などの細かいところは指先で広げましょう。トータル30秒で十分です。時間をおいてからまた化粧水を重ねづけするなどはNG。化粧水の水がそのまま肌の水分になるわけではないので、大量につけてもあまり意味はありません。一回にとどめましょう。

④美容液
これも塗りこむために手でさわりすぎている人が多いようです。美容液は手のひらに広げ、ほほから始めて目元などの細部へと広げれば終了です。ベタついていてもそのままにします。この作業ももちろん、1分もかかりません。「美容液の成分を、肌に押し込まないと」と思って手でいつまでもこすっていると、摩擦で肌がいたむだけでなく、美容液がどんどん手についてしまいます。ベタベタ感がなくなるまですりこんで、「肌に入った」と思っている人が多いようですが、実際には手で全部とってしまっているのです。また、化粧水をつけたあと、しみこむまで時間をおいてから次のステップ、という人がいますがこれはかえって乾燥をまねいてしまいます。間髪いれずに次々と肌にのせていけばよいのです。複数の美容液、たとえば保湿美容液と美白美容液などを重ねる場合もどんどん重ねれば大丈夫。全部のせてぺたぺたになったら、そのまま浸透するのを待ちます。

⑤クリーム
「目元の乾燥が気になって、クリームをしっかり塗りこんでいます」という人がよくいますが、これも考えものです。シワを広げて塗りこむなど、皮膚をひっぱるようなことをすると、皮膚が伸びてかえってシワを悪化させかねません。そもそも「目元の乾燥が気になる」と言う人の多くが、特に乾燥していません。目元の小じわを乾燥によるものと思っている人が多いのですが、シワはコラーゲンの変性や減少によるもので、乾燥ではないのです。クリームをつけたい場合は、薬指などでトントンとのせるように塗りましょう。

⑥パック
「肌に何か特別なことをしたい」と思うとパックをする人が多いようですが、これもやり方によっては肌にマイナスになります。まず、コットンや紙のシートに含ませてパックするものは、パックの表面から水分が蒸発するので肌の奥深くまで浸透することは期待できません。化粧水を含ませてパックする人が多いですが、繰り返しのべてきたように化粧水の成分は大半が水で、一生懸命浸透させても時間がたてば蒸発してしまいます。あらかじめ美容成分などをシートに含ませたものもありますが、これらはかぶれることが多いので要注意です。成分の浪度が高く、また多種の成分を含むものが多いためにかぶれやすくなるのです。パックでときどき肌に栄養をチャージしようとするよりも、日々のケアのほうが大切です。食べ物も、「たまにたくさん栄養をとる」より日々の食事が大事だというのと同じです。